タイトルの通り、晩天屋は様々な国のスタッフと連携して仕事を行なっています。

もちろんいつも集合するわけにはいかないので、会議はオンラインのテレビ電話で。

その時、必ず使うのが、「JST(日本時間)」という言葉

単に「明日PM3時からミーティングお願いします」と共有しても、色々な現地時間があるので、混乱してしまいます。

なので必ず、「明日JST PM3時からミーティングお願いします」という言い方をしています。

晩天屋の本社が日本にありますので、基準は日本に合わせてもらっている訳です。

そんな世界の仲間と一緒にするお仕事は、主に広告に関するバナーやLPの製作になります。

そして、そこで働くスタッフ達を私たちは星だと思っています。

星は太陽の世界では見えませんし、ネオンの夜にも見えません。

広告の制作者達があまり表に出ることがない事にも似ている気がしています。

そんな星たちも、実は輝いている事が分かる時が夜空

夜空=晩天

自分が輝いている事を実感できる環境を提供できる会社でありたいと思います。

そんな思いが「晩天屋」という社名に託されています。

英語を使った仕事に就きたい人
デザインが好き
インターネットが大好き
世界を舞台に仕事をして見たい
そんな人が仕事をしている晩天屋の仲間になりませんか?

「晩天屋さんの社名の意味は・・・・・・・」
今日も銀行の方から聞かれました。

そうですよね。
変わってますよね。
そこがいいんです。

晩天屋では現在スタッフ募集中です。